オレマトペ

Webエンジニアを目指し学習中のデブアラサーによるほぼ擬音ブログ

Ruby on Rails チュートリアル第1章を終えて

f:id:Npakk:20200610222322p:plain

はじめに

このエントリーでは、Railsを勉強している私がRuby on Rails チュートリアルを学習した感想などを、
各章毎に述べていきたいと思います。
このチュートリアルを学ぶ方法は動画、電子書籍など色々な媒体で提供されておりますが、
ここではWebテキスト(第6版)を使用しております。

目次

第1章  ゼロからデプロイまで

ざっと目次を見ただけでもすんごいボリューム…色んな方に評価されているのがわかりますねw

まずは、Cloud9というクラウド上の開発環境にて、Railsアプリケーションを構築していきます。
AWSって本当にいろんなサービスがありますね。
どんな言語でも環境構築って個人間で様々な問題が起きるんですけど、こういった統一された環境なら学びたい内容だけに集中できるので素晴らしいと思う。

下記コマンドを使えば、標準化されたRailsアプリケーションのディレクトリ構造を作成できるんだけど、

$ rails _6.0.3_ new hello_app

現在の職場での(他言語)仕事ではこういったディレクトリ構造とかは、先行開発する人の趣味みたいなのがあったりするので、
公式で標準化してくれるのはありがたい。
実際のWeb系開発現場はこのまま使用してるのでしょうかねー
やっぱカスタマイズしてたりするのかな

構築が終わったらサーバーを実行して、Railsデフォルトの画面を確認して、
ルートへアクセスしたときのルーティングを編集し、任意のコントローラーのアクションを呼び出しました。
ここらへんの動きなどはまだまだ理解できる範囲でしたね。
ただ1点詰まった箇所があったので解消法を。
筆者はsafariを使用しているんだけど、railsのサーバーを実行してプレビューしても下記の画面が表示されて作ったものを確認できない状況になった。
f:id:Npakk:20200615064701p:plain 上記エラーメッセージで検索すれば、解決策がヒットするのだが、 だいたいはAWSインスタンスを再起動したら直るというもの。
筆者も記載されているとおりに、AWSコンソールからEC2を開き、cloud9で使用しているインスタンスを再起動してみたが以前、状況は変わらなかった。
f:id:Npakk:20200615065602j:plain

そこで、試しにChromeでプレビュー画面を表示してみるとあっさりアプリケーション画面が表示された。

f:id:Npakk:20200615064734p:plain 間違いなくsafariが原因だと思うが、今回はその調査が目的ではないので、先に進むことに。

そして作ったものは早めにバージョン管理したほうがいいとのことで、git初期設定からリポジトリ作成。
アプリを変更してコミットや、ブランチ切ったりなどをやっていきます。
個人的にはコミット時のメッセージは、そのコミットで「何をしたのか」という過去の履歴みたいな書き方ではなく「何をする」ためのものなのかを現在形かつ命令形で書いたほうが、
後から見返したときにわかりやすいという点。
チーム開発においてgitなどのツールを使わない企業はたぶんないと思うのですが、ここらへんの知識は学びたい。
現場ではこう書いているみたいなのが学べるコンテンツがあれば教えて欲しい。

gemを管理するgem、”Bundler”で本番環境・開発環境などそれぞれで異なるgemをインストールし、
Herokuにデプロイする。
このHerokuに対してgit pushコマンドでプッシュ(アップロード?)して、アプリケーションをデプロイし、ブラウザ上で出力を確認して完了。

あとがき

演習問題もついており、実践的でチュートリアルとしておもしろかったです。
まだまだ始まった段階で、既知の内容が多めなのですが、
なんかアプリ作ってデプロイしてって昔はすごいめんどくさかったのに、
こんな早く環境構築できちゃうんだな、いろいろ工夫されてるんだなと感動しましたw

次は第2章。 がんばりますん